電動キックボード・電動バイク・電動モビリティ

スナメリとシャオメリ徹底比較!坂を登れるのはどっち?

sunameriとxiaomeriのどちらを買おうか悩んでいるけど、どっちのほうが坂が登りやすいのかなー

悩んでいる人1
ツイトレナビ
こんなお悩みを解決します!

sunameriとxiaomeriを販売しているフヂイエンジニアリングが実際にテスト走行をしていましたので内容をまとめてみました!

購入時の参考になると思いますので、是非最後まで見てみてください。

坂を登れるのはどっち? ”テスト走行の条件”

テスト走行は鈴鹿サーキットのシケイン坂横の急な坂道で行われました。

勾配はなんと13%から15%!!つまり、100m坂を進むと13mから15mの高さを登っているということです。
これは5階建ての建物とほぼ同じくらいなので、かなりの急勾配ということですね。

sunameriのテスト走行

まずはsunameriから!さあ結果はいかに!?

sunameri 坂道走行テスト

さすがsunameri!

急勾配な坂も余裕の走りで難なく登りきっていますね。

xiaomeriのテスト走行

続いてxiaomeri!sunameriに続いて登り切ることが出来るのか!?

xiaomeri 坂道走行テスト

sunameri同様に途中までは好調だったものの、勾配がきつくなってくると途中で止まってしまいました・・

結果発表!!

どっちが坂を登れる?結果発表!

  • sunameri:13%から15%の急勾配も軽々登れる!
  • xiaomeri:13%の勾配は軽々登れる!14%から速度が落ち始め、15%で止まる

xiaomeriは悔しい結果となってしまいましたね。

とはいえ、13%から15%の急勾配な坂を登ることは多くはないと思いますので、通常用途であれば困ることはないです!

sunameriとxiaomeriのどちらにしようか、迷っている方の参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

ツイトレナビ運営者

3度の飯より【面白い or 珍しい乗り物】が好きなクレジットカード会社の営業マンです。トレンドとなっている電動キックボードをはじめ、いろいろな乗り物をツイッター、ネット上の反応と一緒にご紹介していきます。たまーにキャッシュレス決済に関する話題もあり〼。

-電動キックボード・電動バイク・電動モビリティ

© 2020 ツイトレナビ Powered by AFFINGER5