キャッシュレス決済

【プロが教える】本当におすすめなキャッシュレス決済5選

決済手数料が一番安いところはどこなんだろう
悩んでいる人2
いろんな会社があるけどそれぞれの特色ってなんだろう
悩んでいる人1
もう会社の数が多すぎて良く分からない・・・
悩んでいる人3
ツイトレナビ
こんなお悩みを私が解決します!!

2018年から2019年にかけて爆発的にキャッシュレス決済サービスを提供する会社が増えましたよね。 ネット上にはたくさんの比較サイトがありますが、「見ても良く分からない」という方も多いのではないでしょうか。

こういった比較サイトは「アフィリエイト目的」で作成され公平・公正な比較になっていなかったり、 カード会社が自社サービスに誘導するために作成したサイト(オウンドメディア)だったりすることが非常に多いです。 つまり、正確な情報が載っていないことが多いということです。

この記事の信頼性

この記事では業界歴10年の現役カード会社営業マンが今までの知識と経験を基に、本当におすすめできるキャッシュレス決済サービス5社をご紹介します。
この記事を読んでもらえれば必ずアナタに最適な1社を見つけることが出来るはずです。

それではさっそくみなさんが一番気になるであろうポイントからいってみましょう。

 キャッシュレス決済 導入コスト・決済手数料比較

そう導入コストと決済手数料ですよね。 私も10年間営業をしていく中でまず最初に確認されるポイントはこれでした。

当然コストは安いほうが良いに決まっています。 では、下の表を見てみてください。

比較表上部見出し上部見出し
Airペイ

カードリーダー:20,167円(税込)
201912月現在、無料キャンペーン実施中 月額費用:無料

3.24%VISAMasterCardAmerican Express
3.74%JCBDiners ClubDiscover

Square

カードリーダー:7,980円(税込)
201912月現在、全額キャッシュバックキャンペーン実施中
専用ドック:2,000円(オプション) 月額費用:無料

3.25%VISAMasterCardAmerican Express Diners ClubDiscover 3.95%JCB
カード情報手入力の場合は3.75%

Coiney

カードリーダー:19,800円(税込)
201912月現在、無料キャンペーン実施中 月額費用:無料

3.24%VISAMasterCardAmerican Express
3.74%JCBDiners ClubDiscover

楽天PAY

カードリーダー:19,800円(税込)
201912月現在、全額キャッシュバックキャンペーン実施中 月額費用:無料

3.24%VISAMasterCardAmerican Express
3.74%JCBDiners ClubDiscover
タイムズペイ

カードリーダー:無料
20206月末までの可能性あり 月額費用:無料

3.24%VISAMasterCardAmerican Express
3.74%JCBDiners ClubDiscover

もうお気づきですよね?
そうなんです、各社常にキャンペーンを行っており導入コストはほぼ無料です。 しかもほとんど決済手数料に差がないのです。

一番利用率の高いVISA・MasterCardを基準に考えると一番高いSquareでもで3.25%とその差は”0.01%” では、具体的にどのくらいコスト負担が変わるのかと言うと・・・

0.01%のコスト差は?

・月次決済金額100万円 → 100円 ・月次決済金額1,000万円 → 1,000円

1,000万円キャッシュレス決済を使ったとしてもその差はたった1,000円ですよ? ランチ1回分の差しかないのです。

また、政府が増税対策の一環として進めている「キャッシュレス・消費者還元事業」の登録を行うと、 全カードブランド一律で2.16%となるので、2020年6月末までは決済手数料にも一切差がなくなります。

つまり、数多くあるキャッシュレス決済は導入コストと決済手数料以外で選ぶことがポイントなんです! では、その選ぶポイントとはどこなのか?

結論から言ってしまいますが、選ぶポイントは以下になります。

Airペイ

選ぶポイント

  • たくさんのカードブランド、電子マネーを使いたい
  • 中国人のお客様が多い
  • POSレジを使いたい

公式サイトを見てみる

Square

選ぶポイント

  • とにかく早く導入したい
  • 端末機はカッコよい物が良い
  • POSレジを使いたい
  • Dinersホルダーのお客様が多い

公式サイトを見てみる

Coiney

選ぶポイント

  • 中国人のお客様が多い
  • 2回払い、リボ払いが使いたい

公式サイトを見てみる

楽天PAY

選ぶポイント

  • 楽天Edyを使いたい
  • 楽天口座をメインで使っている

公式サイトを見てみる

タイムズペイ

選ぶポイント

  • 店舗の近くにタイムズがあり、お客様用の駐車場として使いたい
  • 2回払い、分割払い、リボ払いが使いたい
  • 決済専用のタブレット、レシートプリンターを無料で使いたい

公式サイトを見てみる

では、さらに具体的に各社のサービス比較一覧を見ていきましょう。

かなり細かい部分までまとめてあるので、見づらい方もいると思います。
そこで、上記を踏まえた本当におすすめのキャッシュレス決済ランキングを作りました。

プロが教える本当におすすめのキャッシュレス決済ランキング

1位 Airペイ

現役カード会社社員のプロが教える本当におすすめなキャッシュレス決済1位はAirペイです。

5社の中で一番多くのキャッシュレス決済サービスに対応しており、利用者が急増しているPayPay、LinePayにも唯一対応しています。また、中国人観光客の9割が利用していると言われているWechat Pay、Alipayにも対応しインバウンド集客対策もばっちりです。

なお、AirレジというPOSレジアプリも無料で導入可能な点も評価が高いポイントです。自社サービスなので、Airペイとの連携も完璧で軽減税率にも対応しているので、レジ周りはAirペイ・Airレジですべて揃ってしまうでしょう。

2位 Times Pay

第2位はTimes Payです。
あのコインパーキングで有名なTimesが提供しているキャッシュレス決済サービスです。

5社の中で唯一、専用のタブレットとレシートプリンターも無料で導入できるというのが非常に評価が高いポイントです。また、こちらも唯一分割払い(3回~24回払い)に対応しているので、高額商品を取り扱っている店舗には最適だと思います。

おもしろいのがコインパーキングTimesで使えるチケットをもらえるというものです。例えば「1,000円以上のお買い物で200円チケット進呈」などのサービスをすることも可能ですので、車での来店客確保はもちろんのこと、客単価の増加なども狙えます。

3位 楽天PAY

第3位は楽天PAYです。

唯一楽天Edyが使えるということがポイントになります。ここは自社ブランドならではの強みですね。

主要な電子マネーブランドもある程度使える点はメリットですが、クレジットカード決済は一括払いのみ、また中国人向けのWechat Pay、Alipayには対応していないという点はデメリットになると思います。

4位 Coiney

第4位はCoineyです。

やはり2回払いに対応しているという点は大きなメリットになります。高額商品を取り扱っている店舗などは特に客単価の増加が見込めますね。
また、中国人向けのWechat Payにも対応していますので、インバウンド集客対策もばっちり行える点も評価が高いです。

一方で上位3社と比較すると利用可能な電子マネーブランドが少ないところがデメリットではありますが、それでもユーザー数の多い交通系電子マネーには対応していますので、そこまで困ることはないでしょう。

5位 Square

第5位はSquareです。
「最下位なのであまり良くないのでは・・」と思う方もいるかもしれませんがまったくそんなことはないです。

まずメリットとしては最短即日利用可能という驚異的な導入スピードです。新規オープン店舗などはもろもろの準備でどうしてもキャッシュレス決済の準備は最後のほうになってしまいがちなので、このスピードは助かりますね。

また、Squareも自社サービスのSquarePOSレジを無料で提供しています。決済サービスとの連携や設定、操作自体が簡単で直感的に使えるので、非常に評判の良いPOSレジになっています。

ちなみにSquareの端末は他社と比べて独特なデザインをしており、非常に格好良いこともメリットでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 きっとあなたに最適な1社が見つかりましたか?

政府が2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%まで伸ばすことを目標に掲げて「キャッシュレス・消費者還元事業」も行われています。キャッシュレス決済を導入する側は端末機が無料で導入でき、決済手数料も格安になる、利用する側は2%~5%の還元を受けれるとWIN−WINの制度になっています。

「キャッシュレス・消費者還元事業」は2020年6月末までとなっているので、今が導入に最適なタイミングと言えるでしょう。このキャッシュレス決済普及の波に乗り遅れないよう、この記事をきっかけに是非検討してみください。

少しでも参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

ツイトレナビ運営者

3度の飯より【面白い or 珍しい乗り物】が好きなクレジットカード会社の営業マンです。トレンドとなっている電動キックボードをはじめ、いろいろな乗り物をツイッター、ネット上の反応と一緒にご紹介していきます。たまーにキャッシュレス決済に関する話題もあり〼。

人気の話題

1

公道走行可! 電動3輪キックボード Sunameri(スナメリ)とは? 三重県鈴鹿市にあるフヂイエンヂニアリング株式会社 ...

2

2019年1月に一時的サービス休止していた簡単に稼げると話題のサービスであるマイカースポンサー。 なんと今回サービス再開 ...

3

【公道走行可】これは本命車種!?電動キックボード ZERO9とは? 神奈川県川崎市にあるK-Mobility合同会社がシ ...

4

【公道走行可】30km走行できる!!電動キックボード E-KON grandeとは 東京都目黒区にあるE-KONから販売 ...

5

【公道走行可】重さ7.5kg!電動キックボード E-KON standardとは 東京都目黒区にあるE-KONから販売さ ...

6

公道走行可!電動キックボードPalway(パルウェイ)J81Sとは? 東京都文京区根津にあるパルウェイが販売する、公道走 ...

-キャッシュレス決済

Copyright© ツイトレナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.